Cosmic Spirit コズミック・スピリット | 宇宙の多次元存在たちとの交流

Logo


小説「コズミック・スピリット」とは何か?

登場キャラクター紹介

本書の目次

名言集(工事中)

プロローグの朗読映像(工事中)



皆さんにとって、3.11とは、どのような経験だったのでしょう。
地震・津波・原発事故というトリプルパンチは、眠っている頭を覚醒させるには充分すぎる打撃だったはずです。
自然災害の爪痕は、流す汗の量に比例して、やがて消えていくかもしれません。おそらくこの先、文明の終わりまで残るのは、目に見えない、音に聴こえない、触れることも嗅ぐこともできない、もっともやっかいな、扱いに窮する、どのように対峙していいかさえわからないような脅威であり、そしてもっとも恥ずべき汚点です。しかも、私たちの外部環境が汚されただけではなく、内部環境も汚されたのです。もはや私たちは、自分たちの外部で起きていることは、内部でも起きるだろうと考えざるを得ません。
もしこの先、人命や地球環境よりも経済を優先させるという世界観の継続によって、この汚点にさらなる恥辱の上塗りを繰り返すなら、もはや経済とは恥ずべき行為であると言わざるを得なくなります。

私にとって3.11とは、昨日まで通用していたものが、もはやいっさい通用しなくなってしまった瞬間、あえて目を背けてきたものを、まざまざと見せつけられた瞬間、少し大袈裟に言うなら、それまで地球の周りを太陽が回っていると信じていた人類が、実は地球が太陽の周りを回っているのだと知らされたような経験だったのではないかと思うのです。はっきり知ってしまった以上、二度と「知らない」に戻ることはできません。シラをきり通して、のほほんとしていることはできないのです。
この大きな価値観の転換、パラダイムシフトを経験した後には、私たちの共通の課題は、「いかに生きるか」ではなく「いかに死ぬか」、つまり次の走者にどのようなバトンを手渡すのか、ということに置き換わったのではないでしょうか。
こうしたパラダイムシフトは、小説を書くという行為にも及んでいると思うのです。よく、「文学の役割とは、社会への問題提起だ」といった言い方をします。しかし、問題を提起している場合ではありません。社会に一石を投じ、波紋やさざ波を起こしている場合ではないのです。問題はすでに、抱えきれないぐらい提示されています。もうこれ以上必要ありません。答えを出す時です。小説家は、小説というかたちで、世界が抱えている様々な問題に、自分なりの答えを出す必要があると思います。本当に書くに値する小説とは何かを、作家は真剣に考えるべきなのです。



私は、十代の頃から、いつか自分は長い小説を書く人間だという思いを秘めてきました。しかし、何を書いたらいいのか、どう書いたらいいのかわからず、悶々とした日々を40年近く過ごしてきてしまいました。そんな私に、この大きなパラダイムシフトの時は、「そんなに困って悶々としているなら、ネタを提供しましょう」とばかり、書くための資料をどっさりと目の前に積んでくれたようです。
3.11を経て、右往左往し、悪足掻きを繰り返し、すっかり生きる意欲を失い、健康面にも致命的と思えるような問題を抱えてしまった私の耳に、あるセラピーを受けたのをきっかけに、突然メッセージが響き渡り、信じ難いストーリーが勝手に展開し始めました。何の準備も予備知識もないままの垂れ流し状態、成り行き任せでした。そうなるともう、抵抗することも制御することもできません。気がつくと、長編小説を書くにはあり余るほどの「ネタ」が、私の手元に残っていました。しかし、それらの資料あるいは材料を、小説という料理に仕立て上げるには、それからさらに何年もかかってしまいました。結果、美味しく味わっていただけるものになったのかどうか、正直自信はありません。出来上がったものは、自叙伝なのか、エッセーなのか、学術論文なのか、それともSFなのか・・・あまりに風変わりなものになってしまったかもしれません。最終判断は読者の皆さんに委ねるしかないでしょう。

それでも私は、答えを出したつもりです。21世紀に入ってもなお、人類はなぜ互いを滅ぼし合うほどに自滅的に振る舞い、自分たちの住処である地球環境を痛めつけるような愚行を、性懲りもなく繰り返しているのか、そのあまりに悩ましい疑問に対する、私なりの答えを。
正直なところ、上・下2巻に及ぶこの分厚い小説を読み通すには、そうとうな気合いと集中力が要求されるでしょう。でも、ご安心ください。ちょっとでも難しいと感じる部分は読み飛ばしていただいてかまいません。それでも充分に物語として楽しめるように工夫したつもりです。
しかしあなたにはいつか、その読み飛ばした部分に、覚悟を決め、じっくりと取り組まなければならない時がくるに違いありません。それが、この大いなるパラダイムシフトの時に、私たちが二度と再び恥の上塗りをせぬよう、すべての人に課せられている課題だと思うからです。

2017年3月10日
AK


東京からN高原に引っ越し、念願の田舎暮らしを始めたAKと空子に3.11の災禍が襲いかかる。逃げ場も生きる意欲も絶たれ、健康面でも致命的な問題を抱えたAKは、あるセラピーを受けたのをきっかけに、突然宇宙からのメッセージを受信し始める。その内容は、地球環境を破壊し、自滅への道を辿ろうとする地球人を案じた宇宙存在たちからの「人類再教育プログラム」とも呼ぶべきものだった。 異次元ワープを続けるAKに、次々に接近してくる宇宙存在たち。彼ら(彼女ら)の真の目的とは・・・? 死者の魂とのコンタクト・・・宇宙存在たちとの合体・・・やがて明かされる人類の隠された真実・・・。 幽体離脱したまま魂が肉体に戻らなくなってしまった謎の人物に導かれるようにして、「帰還不能」といわれる意識の極限への旅が始まる。

 


AKは今、主に3人(「人」と数えていいのかどうか疑問だが)の宇宙存在とコンタクトをとっている。
彼ら(彼女ら)は、肉体を持たない、多次元の存在だという。肉体を持っていないというが、AKには彼らの姿が見える。見えるといっても、肉眼ではなく、閉じた眼の裏で見ているといったらいいだろうか。その3人を、順番に紹介していこう。



AKが最初にコンタクトをとったのは、「ラムジー」と名乗る存在で、プレアデス星から地球監視の任を帯びて宇宙船でやってきているとのこと。「ワタリガニ」を思わせるような輪郭の顔一面に広がる大きな目、猛禽類の嘴を連想させる口もと・・・隣にいると、その横に尖った顔にぶつからないようにするのに、少し気を遣う。 ラムジーさんの宇宙船は地球に着陸はせず、距離を置いて見守っているらしい。
彼は、地球が(というよりも人類が)今、危険な状況であることを案じてもいる。そうなってしまった原因を探ってもいるとのこと。基本的に地球の運命は地球人に任せ、不要な介入はしないのが方針らしい。
 
ラムジーさんとのファースト・コンタクトは、AKが偶然(?)彼の宇宙船に乗り込む、というかたちで起こった。AK自身、気がつくと突然宇宙船の中にいる自分に気づいて驚いたが、もっと驚いたのは、突然見知らぬ地球人が自分の宇宙船の中に乗り込んできたラムジーさんの方だったようだ。AKの顔を見るなり、ちょっとたじろぐような素振りを見せたラムジーさんだったが、すぐに事情が呑み込めたという具合に、そこから先はすんなりAKを受け入れ、コミュニケーションが成立した。

そのファースト・コンタクトから4日後、AKが朝目が覚めた瞬間、水道の蛇口が突然開いたように、メッセージの受信状態になった。明らかに声が聴こえてきたのだ。声の主はラムジーさんだとわかっていた。そこからほぼ毎日のセッションが始まった。

ラムジーさんは、原則としてこちらの質問に何でも答えてくれるが、人類に対し、どこまで情報提供するかは、かなり慎重になっている様子だ。あまり多くのことを知らせてしまうと、人類全体の地球上での存在意義が損なわれてしまうかもしれない、という危惧があるようだ(「人類全体の地球上での存在意義」とは何かについては、小説で詳しく書いたので、ここではネタばらしはしないでおく)。とはいうものの、ラムジーさんは、かなりの「大盤振る舞い」と思えるような突っ込んだところまで、人類の隠された秘密について、驚くべき真実を開示してくれてもいる。その語り口は、さながら哲学者だ。発する波動は常に穏やかで、愛に満ちている。ご本人は「私には癒しの力はありません」とおっしゃっているが、どうしてどうして、触れ合っているこちらは大いに癒されている。

サマンサ:光の女神



AKが主にコンタクトをとっている宇宙存在の中で、サマンサはAKにとってあまりに特別で、あまりにドラマチックな存在だ。
サマンサはどうやらAKのいちいちの転生で守護天使のような役割だったようだ。しかしご本人は自分のことを「光の配達人」と呼んでいる。頼まれれば、宇宙のどこへでも光を届けるという。そのまばゆいばかりの強烈な光の波動は、あらゆる「恐れ」を融かすという。

 AKがコンタクトしている他の宇宙存在同様、サマンサも肉体を持たない(いわば「波動」としての)存在のようだが、その女性らしいまろやかな優しさの中にもキリっと引き締まった鋭さも兼ね備えた美貌と、はち切れんばかりの溌溂としたナイスバディは、一度目にしたら忘れようがない。その凛とした姿は、まさに「光の女神」だ。 AKは、彼女との関係の中で、肉体を持たない宇宙存在といえども、パブリックな立場とプライベートな立場の両方を持っていることを教えられた。

そしてAKとの関係は、もっぱら彼女のプライベートな部分のようなのだ。 AKとサマンサの関係を一言で言うなら、「肉体関係」ということになるだろう。肉体を持たない、波動としての存在と、どのように肉体関係を結ぶのか、読者は当然興味を持つだろう。それは小説を読んでのお楽しみ・・・。

もちろんサマンサは、ただプライベートにAKと肉体関係を結ぶだけの、いわゆる「お色気担当」のカワイ子ちゃんではない。彼女が語る言葉、その主張の深さ・鋭さは衝撃的だ。AKはいつも、その存在に癒されながらも打ちのめされてもいる。 その一端をご紹介しよう。

「人が光に至るためには、いったん闇を通らなければなりません。しかし、闇は決して恐ろしいものではありません。勇気を出して闇に目を向ければ、自分の背後に光を感じるはずです。光の方へ振り向くために、闇を見るのです。そうすれば、あなた自身が光をさえぎって影を作っているだけなのだと気づくでしょう。あなたが光を通す透明な思考を手に入れたら、あなたの影に光が射します。 偏見のない目で、目の前のことをありのままに受け取るだけです。あなたたちは、押し付けられた常識や価値観の尺度で物事を測ろうとします。物差しを持った手を離せばいいだけです。」



AKが、この強烈な容姿を持つ存在と初めて出くわしたときは、怖ろしさや気味悪さはいっさいなく、むしろ「何と均整のとれた完璧な美しさだろう」と、思わずうっとり見惚れてしまったのだが、読者の皆様はどうだろう?

その出会いは、AKが宇宙(多次元空間)を、あてどなくさまよっている最中に、どこからともなく、誰からともなく、「光の花束」がポンと送られてくるのを受け取るところから始まった。それはまさに「光の花束」としか言いようのない「何か」だった。あてどない彷徨の中で、それは「私は少なくとも、あなたを見ていますよ、そこにそうしているあなたを、ちゃんと知っていますよ」というメッセージに、AKには思えた。
その「花束」の送り主との出会いは、突然に訪れた。超時空旅行の最中、まばゆいばかりの光のかたまりが目の前に現れたかと思ったら、AKは金縛りのような状態になり、そこへあの顔が現れた。金縛り状態といっても、体を動かそうと思えば動かせた。しかし、動かす気にはなれない。もはや、何ら抵抗する気は失せていた。抵抗する必要もなかっただろう。体は金縛り状態とはいえ、AKはその強烈な存在そのものに完璧に癒されていたのだ。

 「サラ」と名乗ったその類稀な姿の存在は、「なぜ私に光の花束を送ってくださったのですか」と尋ねると、「あなたが見えたからです」と答えた。 サラさんは、もともと口数が少ない。言葉の代わりにパフォーマンスで語るタイプだ。その様々なパフォーマンスが示すメッセージは奥深い。まるで禅問答だ。 多くを語らないサラさんが、ひとたび言葉を発すると、短い言葉でズバリと物事の本質に迫ってくる。
小説の後半では、人類始まって以来の隠された真実を、たった一言で解き明かしてみせてくれる。 そして、AKとの関係性は、物語を追うごとに微妙に深まり、最終的には実にデリケートで際どいものにまで発展する。

プロローグ

第一部 意識のエネルギーシフト

第一章 三つの時間

☆意識は時空をまたにかける
☆目論見と誤算
☆掘り起こされた六〇年の時
☆きしむ心臓
☆ディーパー・ヒプノ・セラピー

第二章 ラムジー・・・内なる王国

二〇一二年一一月○日 宇宙への報告義務
二〇一二年一一月△日 人類百万年の意識の進化(合わせ鏡の間で)
二〇一二年一一月□日 スフィンクスの新たな謎かけ
二〇一二年一一月◇日 内なる王国
二〇一二年一一月▽日 伯母・・・パイロットの飛行訓練
二〇一二年一一月✕日 手を温めているのは手袋の外側ではない
二〇一二年一二月○日 祖父・・・黒服の男
二〇一二年一二月△日 制度ではなく意図にお金を払う
二〇一二年一二月□日 対岸の火事と壁なき牢獄
二〇一二年一二月◇日 支配の継続か覚醒による解放か
二〇一二年一二月▽日 父親・・・死後の運命
二〇一二年一二月✕日 神であり人間であり動物であること
二〇一三年一月○日 曾祖母・・・一〇〇年の懼れ
二〇一三年一月△日 祖母・・・権力闘争からの解放

第三章 想念のネットワーク

二〇一三年一月□日 どんなに邪魔立てしようが大切なことは伝わる
二〇一三年一月◇日 キラ・フワ・パチン
二〇一三年一月▽日 表面にべっとりとこびりついているもの
二〇一三年一月✕日 カイラス・・・聖なる地球の掃除人
二〇一三年二月○日 空子・・・魂の救済
二〇一三年二月△日 エゴの外側、葛藤の中心
二〇一三年二月□日 闇に振り回されないために闇を見る
二〇一三年二月◇日 自我の囲いから自分自身を解放する
二〇一三年二月▽日 ラムジーさん、空子をカウンセリング
二〇一三年二月✕日 葛藤や懼れを手放してはいけない
二〇一三年三月○日 自己解放は否定的なものを肯定することから始まる
二〇一三年三月△日 「お前らのやってることはデタラメだぞ!」
二〇一三年三月□日 地球の棺桶
二〇一三年三月◇日 プレアデスがAKのもとを去る
二〇一三年三月▽日 野武士の館
二〇一三年三月✕日 願望ではなく意図が実現する

第四章 サマンサ・・・光の女神

二〇一三年四月○日 二度目のヒプノ
二〇一三年四月△日 魂の分身との再会
二〇一三年四月□日 ラムジーさんの手引き
二〇一三年四月◇日 フェルトマンとの一体化
二〇一三年四月▽日 サマンサがついに姿を現す
二〇一三年四月✕日 アンドロメダ星人との出会い
二〇一三年五月○日 サマンサとのコズミック・セックス
二〇一三年五月△日 サマンサはフォトンに宿る魂
二〇一三年五月□日 妄想のセックスに騙されない
二〇一三年五月◇日 サマンサはAKの過去生を見ていた
二〇一三年五月▽日 サマンタ・・・一九四〇年のドイツで
二〇一三年五月✕日 コズミック・エクスタシー

第五章 サラ・・・第三の目

二〇一三年六月○日 サラ・・・すべてのものの本質の光
二〇一三年六月△日 第三の目は頭の中身を見せる窓
二〇一三年六月□日 アイ:合図と伊吹
二〇一三年六月◇日 奇怪で均整のとれた全体性
二〇一三年六月▽日 サラさんの顔の半分が見えない理由
二〇一三年六月✕日 きれいなグラスにきれいな水を注ぐこと
二〇一三年七月○日 五感で感じ、第三の目で見る
二〇一三年七月△日 交感神経系と副交感神経系のプロセス
二〇一三年七月□日 吸うべき空気、いるべき場所
二〇一三年七月◇日 第三の目は二つの目が見たがらないものを見るために開く
二〇一三年七月▽日 サラさんとの一体化
二〇一三年七月✕日 五感で常識を疑い、直観で新たな枠組みを形作る
二〇一三年八月○日 三つの目が別々に瞬く
二〇一三年八月△日 「さっさと開いてしまいなさい!」
二〇一三年八月□日 サマンサの往診
二〇一三年八月◇日 「何だって、心臓が原因じゃない?!」


第二部 時空を超える旅

第六章 ピースメーカー

二〇一三年八月▽日 闖入者と霊能者
二〇一三年八月✕日 日本統合科学研究所
二〇一三年九月○日 テストフライト1:ドラキュラの棺桶

第七章 フラットランド

二〇一三年九月△日 テストフライト2:唯物論者とのセッション
二〇一三年九月□日 フラットランド

第八章 ポンカワンカ

二〇一三年九月◇日 フェルトマン再び登場
二〇一三年九月▽日 シャドウマンとの一体化
二〇一三年九月✕日 解き明かされたスフィンクスの謎かけ
二〇一三年十月○日 「ポンカワンカ」という言葉が降りてくる
二〇一三年十月△日 ポンカワンカをめぐる考察
二〇一三年十月□日 ポンカワンカの謎を解き明かす

第九章 捕食者

二〇一三年十月◇日 低次元と高次元の合体
二〇一三年十月▽日 被験者の人選基準
二〇一三年十月✕日 「捕食者とは誰ですか?」
二〇一三年十一月○日 捕食者、レプティリアン、アヌンナキ

第十章 集団投影

二〇一三年十一月△日 人類開闢以来の精神史
二〇一三年十一月□日 支配・被支配のシナリオは条件付けされている
二〇一三年十一月◇日 ゴジラの正体とロッシ大王

第十一章 リディア・・・ブラックホールの彼方

二〇一三年十一月▽日 ラストフライトにうってつけの日

第十二章 創造主・・・再建された内なる王国

二〇一三年十一月✕日 「見られていたのは私たちです」
二〇一三年十一月◎日 二通の手紙
二〇一三年十一月●日 創造主が人間にもたらした三つのもの

エピローグ

付録(人間の心の中を表す模式図)


ページ上部へ戻る